クレームブリュレ氷バー(セブンイレブン):去年ヒットしたスイーツかき氷が今年バータイプで登場

こんにちは勇者トモです。

アイスのヒットメーカーといえばセブンイレブンですが、そのヒット商品は何もアイスクリームだけではありません。かき氷に関しても革新的な商品を世に送り出し、軒並み注目を集めています。一番有名なのは「ティラミス氷」でしょうか。2015年地域限定にて販売され、2016年に全国デビュー。スイーツな新感覚かき氷として好評を博しました。

そんなセブンプレミアムのかき氷シリーズから、6月19日に発売した「クレームブリュレ氷バー」をご紹介します。

スポンサーリンク

 

クレームブリュレ氷バー

去年「ティラミス氷」と並んでヒットした、こちらの商品記憶にありますでしょうか。

「クレームブリュレ氷」です。去年人気の商品だったので、今年もそのまま発売するかなっと思ってたのですが、形を変えての発売になりましたね。

今年はこうなりました。

クレームブリュレ氷バー」。なんと、カップタイプからバータイプに変更です。今年は「ティラミス氷」もバータイプに変更になっているので、そういう流れなんでしょう。

気になるお味は?

多少の仕様変更はいいとして、やはり気になるのは味ですよね。

クレームブリュレはフランス語で「焦がしたクリーム」の意味。その名の通り、カスタードの上面の砂糖を焦がして作った、パリパリしたカラメル層が特徴です。この部分がいかに表現できているかが評価のポイントになるかなと思います。

表面はカラメルでコーティングされています。正確には、カラメル味の氷でしょうか。

カラメルチップを混ぜ込んだなめらかなカスタード氷に、とろっとしたビターなキャラメルソース。かき氷でありながら、クレームブリュレの濃厚な味わいが楽しめます。

味は文句なしの星5つなのですが、パリパリしたカラメル層の表現をもう一工夫してほしかったかなという印象です。表面のコーティングに食感の変化をつけるか、カラメルチップを増量するかしてほしかったかな。

来年はどんな形になるのでしょうか。

まとめ

個人的にはカップの方がよかったですね。おそらく、「バータイプに変更したかった」というよりは、「バータイプに変更せざるを得なかった」のでしょう。スイーツ氷を製造できる生産ラインは限られていて、今の時期は「パイン&マンゴーヨーグルト味氷」に取られてしまったためやむを得ずバータイプに。そんなところでしょう。あくまで私の想像ですが。

ただ、美味しいことには変わりないので、まだ食べたことがない方、去年「クレームブリュレ氷」が好きだった方も是非食べてみて下さい。カロリー控えめなのも何気に注目ポイントです。

濃い抹茶もなか(セブンイレブン):濃い抹茶好き必見!!

2018.06.30

商品名:クレームブリュレ氷バー
製造者:赤城乳業株式会社
販売:セブンイレブン
内容量:90ml
エネルギー:94kcal
価格:149円(税込み)

トモ
製造者は安定の赤城乳業

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です