まるで神殿!?ガトーフェスタハラダの本社工場見学に行ってみた

こんにちは勇者トモです。

ガトーフェスタハラダのラスク「グーテ・デ・ロワ」、今や全国に店舗があるため多くの方がご存知なんではないでしょうか。芳ばしいラスクに、上品な甘さが美味しくとても人気な商品です。

そんなガトーフェスタハラダの工場が群馬県高崎市にあり、しかも無料で見学可能ということで行ってきました。

 

スポンサーリンク

神殿のような外観!!

到着してまず驚いたのが「これ工場!?」と思うようなおしゃれな外観。観光地としても人気のようで、観光バスが次々と訪れてました。

いざ工場見学へ

建物の中に入り、まずは受付を済ませます。

受付を済ますと、各種パンフレットと当日製造したばかりの「グーテ・デ・ロワ」が頂けました。ドリンクサービスもあります。これは嬉しいですね。

希望すれば音声ガイドもあります。「グーテ・デ・ロワ」の製造方法についてより詳しく知ることが出来るので是非利用してみて下さい。貸し出しは無料で予約も不要です。

工場は4階と3階にあります。4階では、ラスクになる前のフランスパンを使った「グーテ・デ・ロワ ブリュレ」の実演調理と試食をしていました。これがまた何個でも食べれてしまいそうなほど美味しかったです。

ここでしか食べられない逸品なので是非食べてみて下さい。

残念ながら工場内の撮影はNGということだったので、気になった方は実際に行ってみて下さい。見学できるのはほぼ包装工程だけになります。個人的にはパンをカットするところが見たかったなぁ。

直営店でお土産も買える

工場の隣には本館シャトー・デュ・ボヌール (直営店)が併設されており、お土産を買うことができます。

GWだったのもあり、この行列でした。地域限定商品以外ほぼ全ての商品を購入可能です。生菓子も販売しています。

オススメのお土産は?

オススメはガトーラスクとレーズンサンドを掛け合わせて生まれた “女王様のおやつ”「グーテ・デ・レーヌ」です。こちらは群馬県限定商品なので他県から来た場合は迷わず買っていきましょう。

使用しているガトーラスク「グーテ・デ・レーヌ」と同じものですが、約半分の薄さになっています。クリームはホワイトチョコレートベースで、ガトーラスクとレーズンによく合うように計算された絶妙な甘さになってます。

また、本館シャトー・デュ・ボヌール ではアウトレット商品が販売されていることがあります。人気商品なのですぐに売り切れてしまうそうですがもし売っていた場合は大変お得な商品なので是非お買い求め下さい。

最後に

詳細は公式ページでご確認ください。

所在地:群馬県高崎市新町1207

【工場見学ギャラリー】
 開館日:月曜~土曜(祝日含む)
  開館 10:00
  閉館 17:00(入場は16:40まで)
 休館日:日曜、1月1日
 入館料:無料
※12:00~13:00及び16:00以降の時間帯は一部ラインが稼働していない場合があります。ご注意下さい。

【本館シャトー・デュ・ボヌール 】
営業時間:10:00~19:00
休業日:1月1日

トモ
地域限定、期間限定商品の多さに驚いた
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です