ティラミスわらびもち(セブンイレブン):本日発売‼井村屋の技術の結晶‼

雪だけど。寒いけど。今日はこれを食べなくちゃ…。

 

こんにちは勇者トモです。

本日発売‼セブンイレブンと井村屋の共同開発のアイス「ティラミスわらびもち」のご紹介です。

スポンサーリンク

ティラミスわらびもち

1月23日セブンイレブンにて新発売のアイス「ティラミスわらびもち」買ってきました。

味は2種類。「ティラミスわらびもち」と「ティラミスわらびもち抹茶」。セブンイレブンと井村屋の共同開発商品になります。

井村屋といえば「やわもちアイス」という似たようなアイスを製造してましたよね。ただ、まず違うのは価格です。「やわもちアイス」は100円程度なんですが、この「ティラミスわらびもち」は224円(税込み)します。位置付けは「やわもちアイス」の高級バージョンというところでしょうか。

「やわもちアイス」はやわらかいおもちが入っているのが特徴ですが、「ティラミスわらびもち」もどうやら同様のおもちが入っているようです。このやわらかいおもちが入ったアイスを製造する技術は井村屋の特許になります(特許第5931783)。この特許の請求項を見たら大ボリュームだったのでここでは省きますが、冷凍してもやわもちを実現するために温度管理や、おもち・あんの配合を相当研究したことがわかりました。

「雪見だいふく」のようにアイスをおもちで包むタイプのものはありました。しかし、アイスの中にやわらかいおもちを入れたアイスは井村屋にしか実現できないといっても過言ではないでしょう。

 

このアイスの構成を見てみましょう。

「ティラミスわらびもち」はマスカルポーネアイス、真ん中にエスプレッソコーヒーソース、上にコーヒーチョココーチング、わらびもち、ココアパウダー。

「ティラミスわらびもち抹茶」は抹茶マスカルポーネアイス、真ん中に抹茶ソース、上に抹茶チョコレート、わらびもち、抹茶パウダー。

 

アイスの真ん中にソースが入っているのが「やわもちアイス」と一番違うところですかね。

チョココーチング

チョコっと気になったんですがなんでチョココーチングなんでしょうか。コーティングの方がしっくりくると思いません?

 

アイスクリーム類及び氷菓の表示に関する公正競争規約と公正競争規約施行にこういう記述がありました。

第11条 規約第4条第3項の「特定の名称」の表示事項は、次に掲げる基準とし、これに適合しない場合は、この特定の名称を商品名に使用してはならない。

「カカオ分」、「チョコレート生地」、「準チョコレート生地」とは、「チョコレート類の表示に関する公正競争規約」第2条に規定するものをいい、「チョコレートシロップ」、「チョコレートコーチング」とは、「チョコレート利用食品の表示に関する公正競争規約」第2条に規定するものをいう。だし、アイスクリームにあっては、第12条の規定により表示する。

引用:アイスクリーム類及び氷菓の表示に関する公正競争規約と公正競争規約施行

なんか固い言葉でわかりにくいですが、どうやら「チョコレート利用食品の表示に関する公正競争規約」第2条に従った結果、コーチングという表示になったっということのようです。

気になるお味は?

中のアイスはこんな感じになってます。

おもちが5個乗ってるのがわかります。このおもちが本当にやわらかいんです。おもちがやわらかいのは当たり前ですが、冷凍したおもちやわらかいって本当にすごいと思います。

マスカルポーネアイスはあまさ控えめで口当たりがよく、上のチョコのコーティングもすっと口の中で溶け、程よいバランスです。アイスの真ん中のソースがちょっと濃い目でよいアクセントになってます。特に「ティラミスわらびもち」のエスプレッソコーヒーソースは相性抜群でした。

ティラミス部分が「」、わらびもち部分が「」で一見相いれないようですが本当にうまく融合してます。まさに「和洋折衷」を体現したようなアイスです。

雪見だいふく 安納芋の大学芋、愛媛みかん(ロッテ):雪見だいふくブランドの鉄壁の防御力‼

2018.01.31

まとめ


商品名:ティラミスわらびもち
製造者:井村屋株式会社
内容量:100g
エネルギー:239kcal
価格:224円(税込み)

商品名:ティラミスわらびもち抹茶
製造者:井村屋株式会社
内容量:100g
エネルギー:203kcal
価格:224円(税込み)

製造技術の話はこちらもどうぞ

森永の焼きプリン(森永乳業):よくわかる食品特許の話

2018.01.20
トモ
和洋折衷スイーツが今年の流行りになりような予感
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です