【祝25周年】神戸プリンいちごのショートケーキ味食べてみた

こんにちは勇者トモです。

神戸土産の不動の人気No1といえば、『神戸プリン』でしょう。

その『神戸プリン』がなんと、発売25周年を迎えました。
(*゚▽゚)/゚・:*【祝】*:・゚\(゚▽゚*)

2018年7月から発売25周年を記念して、祝いの象徴“いちごのショートケーキ”をイメージしたプリン、『神戸プリンいちごのショートケーキ味』が期間限定で発売されています。

今回はこちらの商品をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 

神戸プリンとは

「神戸の街にふさわしいおいしいお土産を作りたい」「今までにない画期的なものを作りたい」という想いから、三年かけて開発。1993年2月に発売開始となりました。

神戸らしい異国情緒をコンセプトにしたノスタルジックなパッケージが印象的です。

『神戸プリン』の特徴の一つといえば、”別添えのカラメルソース”でしょうか。

この”別添えのカラメルソース”をかけて食べるのですが、皆さんはどのようにかけますか?

公式ページとかを見ると、プリンをお皿にひっくり返して移してからカラメルソースをかけてますが、『神戸プリン』は”プッチン”できるわけではないので、カップに入ったまま、カラメルソースをかける人も多いんではないでしょうか。

『神戸プリン』は卵と生クリームなどの乳製品、砂糖に柑橘系リキュールを加え蒸して固めて作られています。

食感はプリンにしては固い方です。優しい甘さで卵の風味が強く、後に残る柑橘系リキュールの味わいが他にない独特な美味しさを作り出しています。

2013年から2018年までの6年連続でモンドセレクション「最高金賞」を受賞しています。

神戸プリンいちごのショートケーキ味

こちらが、『神戸プリンいちごのショートケーキ味』です。箱がケーキ柄になっていて、お祝いムード満開です。

上からみるとこんな感じ。

では箱の中身をみていきましょう。

プリンは3個入り。もちろん、”ソースは別添え”という『神戸プリン』の特徴は引き継いでいます。今回は、”いちごのショートケーキ”らしく、「いちごソース」になっています。

スプーン付きなのは地味にうれしい。そしてさらに、25周年限定デザインのマスキングテープが付いてきます。これはファンなら手に入れたい一品ですね。

では、食べてみましょう。

今回は少しお洒落に見せるためにお皿に移してから、「いちごソース」をかけてみました。ただ、やっぱり宣材写真のようにきれいにお皿に移すのは難しいですね。いい方法があったら教えて下さい。

プリンは、ショートケーキのスポンジと生クリームをイメージして作ったそうです。まず驚いたのは、プリンから苺の香りがするんです。プリン自体には苺入っていないのに。生クリームに移った苺の香りまで繊細に表現しているということでしょうか。

プリンの味は普通の『神戸プリン』とそこまで大きな違いはなく、卵の風味と優しい甘さが美味しいです。ただ、リキュールの風味が少し弱めにしてあるように感じました。”生クリーム感”を出すために、すこしマイルドにしたのかもしれません。もしかしたら、子供はこちらの方が好きかもしれないなと思いました。

「いちごソース」は甘酸っぱく、果肉感がしっかり残っています。果肉があることで、プリンの味に、ソースが負けずより”いちごのショートケーキ”っぽさを演出しています。

私は、通常の『神戸プリン』より、『いちごのショートケーキ味』の方が好きですね。是非、常時販売商品にしてほしいです。

どこで買えるの?

こちらの商品、神戸土産を取り扱っている「駅・空港・サービスエリア」にはだいたいあると思います。

あとは、東京駅八重洲地下中央口を出たところ、東京ラーメンストリート横にある「諸国ご当地プラザ」でも販売されています。

Amazonのみではありますが、お取り寄せも可能です。

期間限定商品になので、気になった方はお早めにお買い求めください。

トモ
『神戸プリン』をきれいにお皿に出す方法求む

デンマークチーズケーキ(観音屋):あつあつのチーズケーキを自宅で

2018.09.17

「神戸魔法の壺プリン」がまるで魔法のようなくちどけ!!

2018.09.16

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です