カルビーがバブル期のポテトチップス「エスニカン」「グリルビーフ」「お好み焼きチップス」を復刻!!

こんにちは勇者トモです。

カルビーが、1980年代に人気だったポテトチップス「エスニカン」「グリルビーフ」「お好み焼きチップス」の3品を復刻。3月12日から期間限定(5月下旬までの予定)で発売してます。
同時に“バブル期”の頃を思い出すオリジナルグッズが当たる「バブルでGo!Go!キャンペーン」も3月12日(月)~5月28日(月)まで実施します。

3品とも発売当時(1980年代)の味を再現。パッケージも当時のデザインを踏襲しつつ、ミラーボールのロゴと、キラキラしたパッケージで当時の華やかさを表現してます。パッケージにも注目してみてください。

今回はこのポテトチップス「エスニカン」「グリルビーフ」「お好み焼きチップス」をざっくり紹介していきたいと思います。

ちなみに私勇者トモはバブル期の人間ではありません。そのへんご了承下さい。

スポンサーリンク

エスニカン

「エスニカン」は、エスニックな辛さが大ブームだった1986~1993年に販売。当時は、スティックタイプや大袋サイズ、箱タイプの商品、「エスニカンケイジャン味」といった別味も発売するなど、様々なバリエーションで展開。当時は珍しかった『黒』を基調としたデザインで大ヒットしました。

味は「マイルドなカラムーチョ」といったところでしょうか。辛い風味はあるものの、辛さ自体はそれほど感じず、非常に食べやすかったです。辛いのが好きな人には物足りないかも。

商品名:ポテトチップス エスニカン
製造者:カルビー株式会社
内容量:70g
エネルギー:386kcal

グリルビーフ

「グリルビーフ」は、グルメの味を極めたワイルドなポテトチップスとして1987~1993年に販売。お酒のおつまみにぴったりということで大人気の商品になりました。

味は牛肉のコクと風味で仕上げたとなっていますが、さすがにステーキのような牛肉とは程遠いといったところ。乾燥したコンビーフっぽい風味はしますが、こちらは今作ったらもっとビーフっぽくすることができるのかななんて思います。
あくまで復刻なんで当時の素朴な味を楽しみたい方は食べてみて下さい。

商品名:ポテトチップス グリルビーフ
製造者:カルビー株式会社
内容量:70g
エネルギー:386kcal

お好み焼きチップス

前身の「OKONOMI CHIPS」は漫画のイラストをパッケージに用いていたそうですが、お好み焼きの写真を採用して「お好み焼きチップス」としてリニューアル発売。1989~1993年の期間販売し、大人気の商品になりました。

お好み焼きの写真がなぜモダン焼きなのか気になるところですが、味はソースとマヨネーズの風味で予想通りな感じです。それほど味も濃くなく、飽きずに食べることができます。ポテトチップスにまぶされた青のりがまた「お好み焼き」っぽさを引き立てています。

商品名:お好み焼きチップス
製造者:カルビー株式会社
内容量:70g
エネルギー:387kcal

まとめ

以上3品紹介しましたがいかがだったでしょうか。中にはこのポテトチップスを見て懐かしく感じる人もいるのかななんて思います。

去年大阪府立登美丘高校ダンス部(TDC)による「バブリーダンス」が流行したことで、“バブル期”の曲、カルチャーが流行の兆しをみせてます。そこですかさず“バブル期”の商品を復刻するカルビーのフットワークの軽さはさすがの一言。
五月下旬までの期間限定販売となります。“バブル期”を懐かしむ方や、“バブル期”を知らない若い世代も今のうちに箱買いでストックしておくのをおすすめします。

 

じゃがりこ地域の味シリーズ全種類食べてみた

2018.03.12

トモ
バブル期並みの賃上げもブームになりませんかね
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です